生まれる国は選べない

アメリカで5歳の誕生日に贈られたライフルで謝って妹を射殺。
これを聞いて信じられないと同時に、本当に日本に生まれて良かったと思いました。
そもそも子供に銃をプレゼントする風習があるということ、子供用のライフルだったと言われても殺傷能力があるものに対して子供用とかどうでもいいよ!と言いたくなる。
この地域では子供でも銃を持つことが普通とあり、そんな場所に行きたくもないけれどそこで生まれ育った人はそこが普通なわけで・・・不幸ですね。
銃推進派の女性が子供に撃たれて重傷とか、銃が身近にある世界は本当に怖いです。
生まれる国は選べない。
今いるところで精いっぱい生きるしかないし、不満も吹き飛ぶような幸運が近くにあると感じました。

コメントは受け付けていません。