スポーツに感動を求めたがる

日本はスポーツに感動を求めたがると言っていた人がいました。
確かにそうだなって思いますよ。
美談とか秘話ってものをよくくっつけたがるし。
確かに感動することもありますよ。
アスリートの背景を知っていたら泣けちゃうこともあるでしょう。
でもそれを押し付けられるのは嫌です。
駅伝のタスキは次の人に渡さなければ、そこで失格になってしまう競技です。
でも誰にだって不足な事態は起きるものです。
自分だけのキャリアに関わるのならともかく、自分以外のチーム全体、組織全体に関わるのであれば簡単に失格になるわけにはいきません。
骨折して四つん這いで這って行ったことについて美談にするべきじゃない。
そこから別の人に変わればいいのに。
棄権者用を一人だけスタンバイできるルールにすればいいと思います。