当事者しか分からない

生徒と教師による問題って、そのときそのときでいろんなケースがあると思います。
基本的には学校の方が教師の不手際を隠そうとするし教師も同じだと思います。
しかし、中には本当に生意気な生徒だっていますよ。
子供を育てたことがない身でとやかく言う権利はないかもしれませんけどね。
どうしても教師の言葉を聞かない、注意しても改善しないどころか教師を馬鹿にする子供もいるでしょう。
幼稚園児だって高校生だっています。
何かが起これば教師の問題になることの方が多いです。
それを想定して、弱いものとして訴えれば簡単に世論を味方につけられるでしょう。
親子同士の拗れた事件と同じように、本当に何があったのかは当事者しか分からないような事件になりますね。