タバコは『百害あって一利なし』

やっぱり、タバコを吸うと言う事は『百害あって一利なし』
新型コロナウィルスは肺炎を患う病です。
タバコを吸っている人はもともと肺にダメージを受けています。
感染したら早いスピードで亡くなってしまうのは想像に難くない。
同僚薬剤師の中にもタバコを吸う人がいます。
彼女はお昼休憩のときと帰宅前に1本のみ吸っているみたいです。
旦那さんにはバレていないはずと言ってますが、どうなんですかね。
確かに洋服からタバコのにおいはしないので私は本人が言ってくるまでわかりませんでした。
自宅では吸わないとはいえ、一緒に生活していてわからないものなのかなぁと少々疑問です。
だって吸ったあとは吐く息からタバコのにおいがしますからね。

外出を止める方がいいことも。

もう、日本の全国民が家から出るのはやめましょう!!!
そう言ってしまいたくなりました。
中国では感染を防ぐために町を封鎖したり、接触しないように宅配をするなどして少しづつ減らしているらしいですよ。
まあ、その人数だって少なくみつもっている可能性があるので本当かどうかは疑問が残りますけどね。
電通5000人、資生堂8000人が社員を出勤させないと決めたそうです。
大手の会社はどんどんやって欲しいですよ。
普段から企業努力をしているところは出来るわけです。
小さな会社は下請け会社なんかは100&無理なことですが、出来るところはするべきですよ。
でもそうなると正社員は良いけれど、時間給で働いている人の収入が少なくなるのは問題になりますね。

海外での交通事故

東京オリンピックでの金メダルに一番近い人として、バドミントンの桃田選手がいますよね。
彼が交通事故に遭ったというニュースには本当に驚きました。
今年の夏に開催するのにこんな時期に。
でもシートベルトをしていて大きな怪我は顔のみになり一安心しました。
朝早かったからもしかすると寝ていたのかもしれませんね。
意識があったら咄嗟に手が前に出ていて、怪我をする可能性が高かったでしょう。
現に一緒に乗っていた人で腕をけがしている人がいましたからね。
帰国時に眉間に出来た傷を見て、先輩薬剤師Pさんを思い出しました。
去年、転んだ末に額というか眉間を負傷して包帯を巻いて職場にきました。
縫ったので眉間の上の方に三日月のような跡が残っていたので似ていたからです。

医師の猫を預かった

行きつけのバーには、顔なじみの客が何人かいる。そのうちの一人に医師をしている方がいて、バーで会う機会は非常に少ないが先日たまたま一緒になった時にその医師の特技を拝見させてもらった。ちなみに今はは医師転職サイトランキングなんかを見て転職中なんだとか。医師の特技というのは手品だった、マスターもいくつか手品をするのは知っていたが医師も実そこそこの手品師だったようだ。マスターが連れのリクエストに応えて手品を披露していた時に、医師にマスターが声をかけた。医師はその手品を知っていたようで、マスターになにやら言葉をかけていた。マスターも少し驚いた様子だったが、続けて手品を披露した。そしてそれが終わるとマスターは「先ほど種明かしをされてしまいまして。」と医師の方を向いた、医師は「私も少しだけできるもので。」と言いながらポケットから小銭を取り出したかと思うとそれを一瞬にして消してしまった。まさかの出来事にカウンターの皆が「おおー!」と声を上げてその声に医師も驚いた、皆で笑い合ったがそれでも医師は手の中にある五百円玉を消したり出したりと繰り返した。その手つきがなんとも滑らかで、女性陣からも「すごーい!かっこいいー!」と黄色い歓声が上がっていた。私も手品の一つくらい覚えようと誓った夜だった。

実はその医師から今日頼まれてて「猫ちゃんお預かり」に行ってきた、医師が少し家を空けるらしいからそれで頼まれてうちで1週間だけ預かる。その猫ちゃんがんまぁー!可愛い!私はもともと動物好きだけど、一人暮らし始めてからは留守にさせるのが申し訳ないからってペット飼わなかった。医師の猫ちゃんを預かるって話を聞いたときもすごい楽しみで、今日までワクワクしてたけどこんなに可愛い猫ちゃんがうちに来るなんて!1週間もこの子と居れるなんて幸せすぎる!医師は几帳面にお世話ノートも作ってくれてた、この子は本当に大事にされてるんだなって思った。すごく綺麗な毛してるし、なんとも高貴な雰囲気が漂ってる。けど甘えん坊さんで、初対面の私にすぐに近寄ってきてくれた。猫は小さいときに実家で飼ってたけど、記憶にない。猫も飼いたいなぁって思ってたし、こんなに可愛い子ちゃん見ちゃったら本当に欲しくなってきちゃった。今度ペットショップ見に行っちゃおうかな、でもペット飼ったらいよいよ彼氏要らなくなってまた婚期遠ざかるよってこないだ友達に言われたばっかりだ。だから彼氏が出来てから彼氏と一緒にペットショップ見に行くって決めたばっかりだったんだ、けど猫可愛いよぅ。

図書館の殺人

裏染天馬シリーズの「図書館の殺人」を読みました。
高校生が中心のせいか連続殺人にはならないシリーズですね。
で。
殺人の動機がさぁ・・・
咄嗟の犯行にしては、母ひとり子ひとりの親子間で起きるか?
捕まりたくないからって唯一の肉親を殴って殺すか?
もうちょっと、強引にでもいいから理由を強化して欲しかったです。
あとはシリーズものだから仕方がないのかもしれないけど、バックボーンをちょこちょこ出しすぎ。
人気があるらしいので今後も少しずつ小出しにしそうで、なんとなくそれも嫌ですね。
あとはどことなく漂う女性同士の憧れの延長なのか恋愛なのかってシーンが多い。
異性である男同士のそういうのはいいけど、女性同士なのはなんだかなぁという感想です。

『赤い博物館』

著者:大山誠一郎 『赤い博物館』
憧れの捜査一課にいたのに、ミスをした為に左遷?された主人公が配属されたのは過去の事件の資料が詰まっている赤い博物館です。
そこにはキャリアなのに何故かここの官庁である女性上司のみ。
彼女がみつけた、未解決事件の気になるところを調べていき、犯人逮捕するというのが主な話しです。
いつも思うのが警察関係者の男の縦社会の嫌なところ。
シリーズ化しそうな雰囲気だけどいつか捜査一課に戻れるのか?
物語には優秀だけで変人がつきものですけど、女性はたいてい美人なんですよね。
変人がマイナス要因だとしても見た目が良いという人ばかりなのはちょっとなんだかなぁという感想になります。
話しは短編でどれも面白かったです。

頭髪を隠すヒジャブ

相手をリスペクトするというのはどんな国の人にもどんなジャンルにでも必要です。
イスラム教徒の女性が頭髪を隠すヒジャブ。
サッカーの試合中の接触でヒジャブがずれてしまいました。
それに気が付いた相手選手が、彼女が人から見えないように壁になりました。
近くにいた選手も次々と近寄って取り囲みました。
親族以外にはみせてはいけないなんてところが、無宗教な自分としては意味不明ですが人それぞれなので仕方がありませんね。
スポーツをするのにも大変でしょう。
でもこういうアクシデントですぐに助けてくれる人がいるというのは、素晴らしいことです。
自分のチームではないのに、咄嗟の判断で人を助けることが出来るには知識がないとできないでしょうね。

生まれる国は選べない

アメリカで5歳の誕生日に贈られたライフルで謝って妹を射殺。
これを聞いて信じられないと同時に、本当に日本に生まれて良かったと思いました。
そもそも子供に銃をプレゼントする風習があるということ、子供用のライフルだったと言われても殺傷能力があるものに対して子供用とかどうでもいいよ!と言いたくなる。
この地域では子供でも銃を持つことが普通とあり、そんな場所に行きたくもないけれどそこで生まれ育った人はそこが普通なわけで・・・不幸ですね。
銃推進派の女性が子供に撃たれて重傷とか、銃が身近にある世界は本当に怖いです。
生まれる国は選べない。
今いるところで精いっぱい生きるしかないし、不満も吹き飛ぶような幸運が近くにあると感じました。

髪の毛が長いとあるある

ロングヘアにしている男性は少ないから、男性は枝毛を切る楽しさを知らない人が多いでしょうね。
枝毛なんてない方が良いので、無ければ切ることもしないですむ。
しかし、ケアしていても枝毛はできてしまうものです。
綺麗な髪の毛でいたいから枝毛を切る楽しさなんていらないのですが、仕方がないですね。
毛先を切った経度ではどうしようもないけど、前よりはマシな気がするので私は楽しいとも思いますよ。
似たようなことで私は癖毛なので酷い癖毛の場合は抜くか直毛になるところまで切るとかもしています。
高校生の頃から白髪があったのでそれを抜くとか。
本当はいけないそうだけど、黒い髪の毛に白髪は目立つので抜いていしまいます。
自分なりの髪の毛のケア中にはいろいろ考え事ができます。

ドライブレコーダーはバイクにこそ必要

高速道路でバイクの男性が車にあおられて、高速を降りたところでも嫌がらせをされる。
ドライブレコーダーはバイクにこそ必要ですね。
警察を呼び被害を訴えたがモノを壊されたわけでものく、怪我をしたわけでもないのでと何度うったえても被害届の受理は難しいと。
警察が受け取らないことがあるなんてびっくりです。
納得がいかずにドライブレコーダーの映像を送ったが相手にされず
SNSで動画をアップしたところ、ワイドショー番組がいくつか報道されました。
そして急に警察が動きだし、一年たってようやくのことでした。
急停車をして後ろを走るバイクの男性を危険にさらしたとして暴行罪で略式起訴。
昔だったら完全に泣き寝入り案件ですね。
良いことにSNSが利用されるとネット社会もマイナスだけじゃないとわかります。